不動産投資は初心者でも失敗しにくい|セミナーに参加して知識を得る

賃貸経営で把握しておく点

電卓

家賃立替えのシステムとは

賃貸物件の経営は、家賃の徴収に始まり、クレーム対応や敷地の管理、そして退去後の原状回復など、様々な仕事があるものです。経営に専念している場合であっても、これらの仕事をきちんとこなすのは、なかなか大変です。そのため、賃貸管理会社に依頼することをお勧めします。多少経費はかかりますが、賃貸管理会社は管理のプロなので、仕事をきちんとやってもらえるからです。賃貸管理会社を選ぶ時には、家賃保証の業務を行っている会社がいいでしょう。家賃保証というのは、入居者が保証料を会社に払い、経営者がその会社と保証契約を結ぶことで、滞納があった場合でも家賃を立て替えてもらえるシステムです。これにより、滞納がある時でも、家賃収入が安定して手元に入るというメリットがあります。

一括借り上げとの違いとは

家賃保証のサービスには、サブリースというシステムもあります。これは通常の家賃保証に加え、会社が物件を一括借り上げるシステムなので、空室があっても収入がありますただしこの場合は、敷金や礼金はすべて会社の収益となりますし、経営者に入るお金は、実際の家賃の7割から8割程度です。滞納の分のみが心配な場合は、家賃保証だけでも十分に対応できます。また、物件によっても事情は違って来ますので、家賃保証やサブリースはケースバイケースで決めるといいでしょう。たとえばアクセスがよく、借り手が多い物件などは、空室については心配する必要はありません。ただそういう物件でも、入居者の家賃滞納があるなどで対策を立てたい場合は、管理会社と相談し、家賃保証を依頼するという方法もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加